シアリス通販

肝心の時に絶対使えるED薬はシアリス

バイアグラが世の中に出てきた時は大変な衝撃でした。

 

 

噂が取りあえず先行して「凄い効果があるらしい」「今まで漢方薬とか全然効き目がなかった人も、別人のようになるらしい」等の話が出回りました。

 

 

今まで同じようなふれ込みで、使ってみたらダメだった精力剤が今までに沢山有ったので、逆にまたインチキに違いないとも言われていました。

 

 

最初バイアグラが街のドラッグストアで気楽に手に入れることが出来なかっただけに、余計にその動きに拍車がかかりました。

 

 

そして個人輸入等を使って、使用者が増えてくると、その評価はすっかり変わりました。

 

 

「今度の新薬、バイアグラは凄い。ED薬の最終兵器だ」とさえ言われるほどにまでなりました。

 

 

実際、バイアグラは男性勃起薬として、極めて再現性が高く、人によって効き目に大きく差の出る他の精力剤とは全く別次元の物でした。

 

 

そうなると、自分も使ってみたいと言う人がわんさと出てきて、個人輸入が非常に活発に行われるようになりました。

 

 

医師に処方箋を書いてもらえば、薬局で手に入れることが出来るのですが、秘密裏に手に入れられる個人輸入が重宝されています。

 

 

このように、EDに悩む男性たちに多く使われるようになったバイアグラにも、弱いところがありました。

 

 

薬服用後、4時間程度しか効果が持続しないのです。

 

効果持続時間が長く食事制限を受けません。

男女の性行為は、非日常的なもので、「○○時に、SEXするからね。よろしくお願いします。」という形で進められるものではありません。

 

 

男性にするとある程度、開始時間の予想できるものの、それがずれてしまうことも良く有ります。

 

 

そのずれ方が2時間程度で有れば問題ないのですが、半日もずれてしまう場合もあります。

 

 

そうなると、早々と服用していたED薬の効果は完全に切れており、性的不能者に戻ってしまうのです。

 

 

そのような悲劇を回避するために、効果の持続時間が長いED薬の開発が望まれることになりました。

 

 

シアリスは欧米では「ウィークエンド勃起薬」とも言われておりその効果持続期間は36時間にも及びます。

 

 

シアリスにはPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)が含まれており、EDの主原因である酵素を抑制します。

 

 

同じタイプのバイアグラ、レビトラと比べると、食事の影響をあまり受けないです。

 

 

また激しい副作用がなく、摂取利用の目安は、バイアグラは一般的に50-100mgで、シアリス20mgでしっかり効果がでます。

 

 

最近、個人輸入代行業者経由で、物を入手する人がふえて、偽物も出回るようになりました。

 

 

ジェネリックであれば元祖シアリスとほぼ同じ効果を期待出来ますが、偽物はあまり期待できないからです。

 

 

きちんとした効果を期待するならば正規品を手に入れられることをお勧めします。

 

シアリスは世界シェアNo1

ED治療薬としては最も新しく、2007年に誕生したのがシアリスです。

 

 

従来のED治療薬であったバイアグラやレビトラの改良品ということでEDへの治療効果は強く、尚且つ使いやすくしているため2013年にはED治療薬の世界シェアNo1となっています。

 

 

シアリスは日本イーライリリー社が開発・製造・販売をしてます。

 

 

有効成分は「タダラフィル」で、この成分の含有量によって5r、10r、20rと呼ばれます。

 

 

もちろん含有量が多いほど高い作用が得られます。

 

 

水に溶けにくい性質を持つため、服用してから効果が現れるまでには30分〜4時間程度とかなりの個人差がありますので、性行為の3時間前には服用しておくのがいいでしょう。

 

 

仮に早めに服用しても効果の持続時間は最長で36時間となっているので、早く効いてきても効果が切れてしまうのではないかと焦るようなことはありません。

 

 

シアリスの最大の特徴でもあるのが、この持続時間の長さです。

 

 

従来のED治療薬ですと3〜5時間程度の持続時間だったため、効果が切れる前に性行為を終わらせなくてはという焦りがありましたが、36時間も効果が持続すればそのような不安を抱く心配はないでしょう。

 

使い安いED治療薬

金曜日の夜に服薬すれば日曜日の昼頃まで効果が持つので週末を最大限に楽しむことが可能です。

 

 

また、もう一つの特徴として食事の影響を受けないという点があります。

 

 

従来のED治療薬では食事の影響を受けやすかったため空腹時の服薬が奨められていたことから服用のタイミングに少々難しい部分がありました。

 

 

しかし、食事の影響を受けなくなったシアリスではいつ服用しても問題ないのでタイミングを計る必要もなくなっています。

 

 

こういった利点が選ばれて世界シェアNo1にまで需要を広めたというわけです。

 

 

シアリスを購入するにはクリニックにて処方してもらうのが一般的な入手方法です。

 

 

受診科目は泌尿器科ですが内科でも構いません。

 

 

また、メンズクリックもありますので、人目が気になるという方はそちらを受診してみるのがいいでしょう。

 

 

ちなみに最近ではインターネット購入をする人も少なくはないですが、ネット購入をする場合は信頼できる販売サイトを活用するようにしてください。

 

 

正規ルート(医師による処方)ではない入手方法ですのでリスクがつくということを忘れてはいけません。

 

 

できればレビューが何件もあるサイトのほうが安心です。

 

 

慎重に利用を検討して活用してみましょう。

 

シアリスは三つのED治療薬のなかで使いやすい

年齢を重ねてくると勃起しにくくなります。

 

 

それを勃起不全(ED)といいますが、それに悩んでいる男性は非常に多いのです。

 

 

その勃起不全を改善する医薬品がED治療薬です。

 

 

ほとんどの人に効果があるため、勃起不全で悩んでいる男性の多くはED治療薬を利用しているのです。

 

 

そのED治療薬は大きくバイアグラ・レビトラ・シアリスの3つに分類されます。

 

 

その3つの違いは有効成分の違いにあります。

 

 

さらにその3つそれぞれに、有効成分が同じジェネリック医薬品がいくつか存在しています。

 

 

バイアグラとレビトラはどちらとも似たような効果を及ぼすため、ここからはシアリスの特徴について述べていきます。

 

 

まず有効成分はタダラフィルというものです。

 

 

その効果でバイアグラ・レビトラと大きな違いは、服用した後の効果が出る時間と作用時間です。

 

 

バイアグラ・レビトラは服用してから30分から1時間ほどで効果を出しますが、こちらは3時間で効果が現れてきます。

 

 

そして、作用時間は5時間〜10時間くらいに対して、シアリスは10mgで20〜24時間、20mgで30〜36時間となっています。

 

副作用が出にくいED治療薬

この効果が出る時間と作用時間で分かることはゆっくりと効果が現れて、そして長時間効果が持続していくということです。

 

 

そのため、長い時間じっくりと楽しみたいという人にはオススメのED治療薬となっています。

 

 

もちろん、医薬品であるため効果については個人差があるため、絶対的にそうであるとは限りません。

 

 

またゆっくりと効果が現れてくるため、身体的に負担をかけにくいのです。

 

 

副作用が現れる割合が少ないのが特徴的でもあります。

 

 

バイアグラやレビトラでは9割以上が顔のほてりや目の充血などの副作用が現れる一方、服用者の3割ほどしか副作用が現れないのです。

 

 

そして、3つのED治療薬には併用禁忌薬つまり、一緒に服用してはいけない医薬品がいくつかあります。

 

 

その併用禁忌薬が一番少ないのがシアリスなのです。

 

 

バイアグラ・レビトラの併用禁忌薬で治療している男性でも服用することができる可能性があります。

 

 

そのため、多くの人々に利用されやすいED治療薬であり、3つのED医薬品のなかでも一番の安全性が高いとも言われています。

 

 

ED治療薬を使い始める人にとっては使い勝手の良いわけです。

 

 

もちろん、ED治療薬とあるようにこれらは医薬品です。

 

 

そのため、医師の診断の元で服用するように心がけることが何よりも肝心になります。